IAN CUNNOLD

出身

カナダ

大学

Simon Fraser University, BC, Canada

学位

BA (BGS)

英会話教師年数

35年

イギリス生まれ、カナダバンクーバー育ちです。 早いもので日本に来て28年、 当校を設立して26年になりました。 その間、英語の学習に熱心な数多くの日本人の方々から学習法について、様々な意見を聞かせて頂きました。 皆さんが、私によくおっしゃいます。「中学、高校で6年間英語を学んだのに、まったく喋れないんですよ。どうしてでしょう?」いつも私はどう答えるべきか悩むので

すが、私の返事は大体こんな感じです。 「日本の英語教育は、あくまで“形”だけの英語だと思います。 そして、それを学んでいる学生も、全く英語の必要に迫られていないようです。

そう、学ぶ目的は単なる紙の試験に合格することだけなのです。当然、実用的で役に立つ、一生使えるモノにはなりません。やっぱり本当に身に付き、実際に生かせる英語は自分が“心”を込めて学んだ英語なのです。」 外国人相手に自分の気持ちを本当に伝えたいなら、英語は比較的単純で、覚えやすい言語だと思います。気持ちの問題なのです。 いくつかの貧しい国に行ったことがあります。 私が不思議に思ったのは、なぜ経済的に恵まれず、ほぼ路上生活を余儀なくされている子どもたちが流暢に英語を話しているのか?ということです。道の案内から物の売り込みまで、みんな必死です。必ず英語で話しかけられます。 “Hello Sir! Where are you going? Can I guide you? Would you like to buy a souvenir? I have some wonderful items!” など、勿論お金が目当てなのでしょうが、でも私は感心しました。それは、彼らが心から英語で話そうとしているからです。 How about you? 目標をもって心で話す英語を、はじめてみませんか?メイプルスクールで!